FC2ブログ

Article

        

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

京山の好投とそれを支えた倉本のナイスプレー ヤクルト1-3横浜

2018/ 04/ 03
                 

本日はベイスターズ戦がないので(遅れて書いてるので...)広島Vsヤクルトをちょっと観ていますが、 6回表ヤクルトの酷いボーンヘッドがあったのでご紹介したいと思います。2-3でヤクルトリードで迎えた広島 の攻撃、四球・左飛・四球の1死1,2塁で阿部の一ゴロを阪口が好捕しますが、カバーに入った投手 に悪送球しカバーリングに走った捕手が捕球します。当然この間にセカンドランナー丸は生還して同点と なりますが問題はこの後で、三塁に達したファーストランナー安部も本塁へ生還し逆転...なぜ走れるの? 本塁にヤクルトの選手が誰もいなかったからです。安部が三塁付近に近づいて捕手が本塁に戻れない 状況であれば川端は本塁カバーに走らなくてはいけません。川端の大チョンボです。

20170826_175440.jpg

さて、本題です

ヤクルトVs横浜(1回戦)試合結果

京山を前回観戦で見たのは浦安のファーム開幕のロッテ戦で、5回で被安打6与死球6のお世辞にも いいとは言えない内容。その後の西武戦は結果は良かったようですが観た訳ではないので 内容は解りません。初登板の若手投手に連敗ストッパーもどうかと思いますが内容は...

スコアと経過

球場 横浜スタジアム 観衆 28,953人
1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H
0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 7
0 0 1 2 0 0 0 0 x 3 6

京山
由規
セーブ 康晃
経過 S0-1B 筒香 一ゴロ
S0-3B 倉本 右安
S1-3B 山田(哲) 右安

投手成績

京山
5回 84球 被安打 5 奪三振 3 与四球 1
与死球 0 失点 1 自責点 1 被本塁打 0
三上
1回 11球 被安打 0 奪三振 0 与四球 0
与死球 0 失点 0 自責点 0 被本塁打 0
井納
1回 14球 被安打 1 奪三振 2 与四球 0
与死球 0 失点 0 自責点 0 被本塁打 0
パットン
1回 16球 被安打 0 奪三振 1 与四球 0
与死球 0 失点 0 自責点 0 被本塁打 0
康明
1回 20球 被安打 1 奪三振 0 与四球 1
与死球 0 失点 0 自責点 0 被本塁打 0
由規
4回 77球 被安打 6 奪三振 4 与四球 4
与死球 0 失点 3 自責点 3 被本塁打 0
山中
2回 34球 被安打 0 奪三振 2 与四球 0
与死球 1 失点 0 自責点 0 被本塁打 0
中尾
1回 23球 被安打 1 奪三振 2 与四球 0
与死球 0 失点 0 自責点 0 被本塁打 0
近藤
1回 14球 被安打 0 奪三振 1 与四球 0
与死球 0 失点 0 自責点 0 被本塁打 0

20180325_04_ハマスタ

ヤクルトVs横浜(3回戦)試合詳細

1回表 初登板京山を後押しする倉本のナイスプレー

京山はいい投手になると思いますが、まだ好不調の波が激く抜群の投球をしたかと思えば 四球連発だったり連打浴びたりもします。アジアウインターリーグでも奪三振も多いけど四死球も 多くて4試合登板で暴投も2つ記録するという感じで、制球がまだまだと言えるでしょう。 1軍公式戦初登板は、2死まで無難に取りますがバレンティンに甘く入った球を中安、バレンティンは 二塁を狙い一旦セーフ判定ですがリクエストで判定が覆りアウトに、センターがらの返球が逸れますが倉本 が冷静で上手かったですよね!!振り向いて体にタッチに行ってしまいがちですが、ベース前の バレンティンがスライディングしてくる所にグラブを置いて待つ冷静さに感心しました。京山の初回で 2死とは言え二塁にランナーを背負って4,5番だとどうなったか解りません。倉本のこのタッチプレー 大きかったと思います。

1回裏 ベイスターズのジグザグ打線

桑原が不調で打順が下がりましたが何故か2番です。ジグザグ打線とは左右ではなく現状の 期待感での打者配置の事で、不調の桑原とロペスが2,4番で6番が捕手8番が投手って打順なの で繋がるのが難しいですよね。まぁ~大和も不調なので打線を組むのも難しいでしょうが、 好調倉本を打席が少ない9番に置いたままってのが解りません... 不調の桑原と大和だったら大和2番の方が、出塁したら足も使えますし(大和はオープン戦神里 と同じ4盗塁)カットして球数を投げさせるって事もできるのでベターかと思うんですよね。

前置きが長くなりましたが、1回は相変わらず制球難の由規に対し神里が四球で出塁し盗塁で 0死2塁とします。2番桑原の見三振ってのは頂けませんよね...真ん中低めの恐らくスライダーで 2ストライクから見逃すような球ではありません。せめて空三振って姿勢が欲しかったと思います。 当らないのは仕方ありませんからね!!筒香も四球で1死1,2塁というのもロペスの不調が痛い ところで1塁が空いた状態で筒香→ロペスだとまともには勝負しないかと...筒香はここまで12 打席で3四球と歩かされ放題です。って事でロペスは遊飛で2死1,2塁、宮崎四球で2死満塁まで 攻め?ますが、嶺井が中飛で無得点。

この回の宮崎の状況だと2死1,2塁なので得点圏ランナーを増やすような事はしませんが、1塁が 空いていて6番に2割少しの捕手(嶺井でも戸柱でも同じ)を組んでると宮崎は勝負されません。 現状では6番倉本ってのが良いのではないでしょうか。

2回裏 倉本盗塁は勿体なかったかな

2死から倉本が右安で出塁し盗塁失敗で終了します。1死は投手京山の三振、大和の三直は ヒット性のいい当りだったので1回の四球連発を考えると崩れかけの由規を相手に盗塁が難しい 倉本を走らせる必要もなかったのではないかと思いました。

3回裏 桑原ナイスバント!!

神里左2安から桑原が犠打で1死3塁として、筒香一ゴロの間に神里が先制点のホームを踏みます。 ここは桑原の上手いバントで京山へのプレゼントができました。

4回裏 一塁坂口がラッキーだったかも

宮崎・嶺井の連続左安と大和の四球で0死満塁、京山は作戦が難しいところですが空三振で1死 満塁、三塁ランナーが宮崎ではスクイズってし辛いですしねぇ~。倉本の打球は一直に近い右安で2者 が生還し3点差にリードを広げます!!一塁が慣れてる選手だったら一直だったかもしれませんが それは結果で、当りも良かったしナイスバッティングだったと思います。

5回表 京山不運な1失点も投げ勝っての内容

1死から中村に左2安打で出塁を許すも、2死2塁まで持っていきます。絶不調山田(哲)の打球は 倉本と神里の間にフラッ上がる当り損ねですが、どちらも届かない位置に落ちてタイムリーとなります。 投げ勝ってのコースヒットなのでこの回で交代する京山の内容は準無失点と言える内容です。

20180325_03_ハマスタ

全体戦評

1軍公式戦初登板の京山が開幕からの連敗を止めてくれました(3試合目やから大げさか...)。 楽しみな若手投手が多く出て来て非常に明るい材料です。この試合で新勝利の方程式も披露され ましたが、昨年の二桁勝利先発が3名とも離脱するという緊急事態で、個人的に言えば誰かが戻る まで実績のある井納に先発をして貰った方が良かったのではないかと思います。 後半まで試合を作れての勝利の方程式ですからね。

一方攻撃陣は不調の由規が交代したあとの4イニングスは、山中・中尾・近藤の中継ぎ陣に対して出塁 したのが楠本の死球と桑原の中安だけというお寒い状態で、こちらの方はかなり心配な状況。 次のカードが投手陣が充実している阪神だけに攻撃陣の頑張りがポイントになりそうですね。

20180325_02_ハマスタ

編集後記

ルーキー楠本がこの3連戦で、3打席0打数で出塁率は1.000っていう中々見ない変な成績を残しました。 死球・四球・死球で打数にはカウントされませんが全て出塁はしてるのでこうなるんですね。 死球繋がりで思い出した事があります。私の高校時代の友人は野球部で、控え選手でキャプテンをして ました。夏の兵庫予選のある試合の後半、彼は代打で出場して1球目で死球となり一塁に歩きます。 一塁に立ったところで監督が出て来て代走を告げ...そうです!!彼は高校野球最後の夏をベンチ→ バッターボックス→一塁→ベンチを移動しただけで終わったのでした

さて阪神戦、ロペスの復調に期待しつつ頑張って応援しましょう

クリックして頂ければ小躍りして喜びます♪

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

横浜DeNAベイスターズランキング
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

本末転倒
 こんばんは。京山は先が楽しみではありますが、初登板とは言え、3回にはもう疲れを感じていたという感想でした。外見通りまだヒョロくてスタミナにかなり不安があります。しかしあれでも1年で一回り大きくなりました。球速も約5Kmアップ。投手は球速ではなく京山のストレートは回転数も多い(らしい)。本人は一軍に居座るつもりのようですが、ちょっと難しいか。
 「9番倉本」については昨年からずっと「6番より先に9番を決める本末転倒の打順」と批判してきました。「いびつ!」とか「道楽」とか。「なんちゃら最適」とか小難しい事言うて、このラミ打順に肯定的な方もおられますが、ウチはそもそも筒香を中核とするチームでして、しばらく前までは「筒香の後ろを誰に打たせるか」が最大の課題でした。筒香と勝負してもらうために。そこに宮崎が嵌ったのですから、当然、次の問題は「6番を誰にするか」になります。6番倉本がベストと言うのではなくて、現状では仕方なかろう、ということです。「9番倉本」に賛成の人は「逆転の発想」とか言うのでしょうが、そうではなくて単なる本末転倒というのが私の主張です。おかしいものはおかしい!
 これがDH制ならば9番倉本もありうるので、このまま続けられて、来年にでもDH制が導入されるとうやむやになりかねませんが、「8番投手」なんてとっくの昔に克服された(そんなに良い手ならどこでもやってるはず)カビの生えた古臭い手です。新発想でもなんでもありません。
打順と京山について
リチャード佐々木様
こんばんは!!
打順に関しては試合を観る度にストレスが溜まっていきます。早くDH制にならないでしょ
うか!!って心待ちにしている状況(笑)
現状我慢で言うとやはり6番倉本もしくは2番桑原も個人的には非常に無しだと思ってるので
2番大和6番桑原7番倉本ってのが私の考えです。そもそもで言うと桑原の成績でレギュラー
確約してしまうのがおかしいと思うのですが...
京山に関しては、まだ19歳ですし先発もある程度揃って来てるので体造りも含めてゆっくり
育てるでいいと思っています。前回登板は状態が良かったけど、まだ安定して力を出せるレベ
ルには達していないですよね
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。